ウシマル(山武市)

◎ウシマル(山武市)◎

*松尾駅からタクシーで8分
*地産地消にこだわり極上の素材で魅了する一軒家レストラン
*食べログ4.25
 2021年イタリアン百名店
 The Tabelog award 2021年BRONZE受賞
*GWコース:12,000円
 ノンアルコールカクテル(梅と桜のカクテル):980円
 千葉八街産ジンジャーエール:980円

千葉の田園風景の中にポツンと佇む一軒家レストラン。
千葉の食材を千葉で消費する「千産千消」のスタイルを貫き
食材集めに余念のないイタリアン。
食器は千葉の九十九里に工房のある大好きな「sghr」。
少量多皿のコースはストレートに素材の良さを感じれる料理や
斬新な組み合わせや味付けの料理など本当に様々。
品数が多くかなりのボリュームなので最後のお肉はキツかった。
間違いなく肉好きより魚好きの方が楽しめる構成になっている。
魚だけでなく、貝類、甲殻類等全て抜群に美味しかった。
春らしい山菜、筍、野草も全て千葉で取れた食材。
四季に合わせてまた必ず行くと誓うほど美味しくて
度肝を抜かれた。電車とタクシーを使うより車が便利です。

◆朝採れそら豆の炭火焼き
 皮付きのまま焼くことで少し蒸された状態になり絶妙な食感。
 めかぶ塩でシンプルにそら豆の味を楽しめる。
◆コノシロ
 軽く〆ている新鮮なコノシロをムチュリというチーズと
 西洋ネギのお花と一緒にいただく。
◆ほっき貝と山菜(わらび/ふるい/こごみ/ゆきのした/はり)
 新鮮なほっき貝と山菜をほっき貝の出汁と行者にんにくの
 ソースでいただく。
◆天然穴子
 九十九里の天然穴子をねぎ坊主と野草のジュレでいただく。
 穴子はぷりっぷりで濃厚。
◆伊勢海老(メス)
 メスの伊勢海老の身と内子を絶妙な火通しでいただく。
 もちろんとれたてで超新鮮。
◆自家製パン
 焼きたての自家製パンをアツアツの状態でカットして提供。
 料理の味を引き立てるほのかな風味がたまらない。
◆とこぶしと早取りメロン
 勝浦産のとこぶしと合わせるのは見た目も食感もきゅうりの
 ような早取りメロン。もちろん相性抜群。
◆孟宗竹
 横芝の採れたてタケノコとヤングコーンのひげに合わせる
ソースは生ハムのソース。これまた美味くて度肝を抜かれた。
◆真蛸と浜大根
 飯岡のタコにはタコの削り節をかけてこれまた他と同様
素材を活かしたシンプルな味付け。
◆石鯛とめかぶとひじき
 九十九里の石鯛と勝浦のめかぶとひじき。シンプルに美味い。
◆モクズガニのカッペリーニ
 夷隅のモクズガニに自家製カラスミをトッピング。
 震える美味しさ。
◆ウドのリゾットとアブラボウズ
 絶品の深海魚アブラボウズにはバルサミコ酢を。
 魚の脂もリゾットと混ざり合う最高の組み合わせ。
 写真を撮り忘れて一口食べてしまった。
◆自家菜園のサラダとチーズ
 自家菜園の食材を提供するこだわり。シンプルに美味しい。
◆ジャージー牛とダイヤモンドポーク
 もちろん千葉県産。フキ、セリ、柚子胡椒を合わせているが
 味付けは塩メインでシンプル。
◆葉生姜のシャーベット
 お口直しも妥協はしない。
◆トマトソースの自家製生パスタ
 今までにない食感の生パスタに銚子フルーツトマトのソース。
 花山椒が良いアクセント。
◆デザート
 ジャージー牛のヨーグルトとアイス、ヨモギのケーキに
 がんくい豆のあんこ。最後まで美味しくフィニッシュ。

★★★★★★★★★★

↑画像が複数ある時はスライドします↑

食べログのリンクはこちら。
千葉県山武市松尾町木刀1307-2

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
◎春木屋(吉祥寺)◎ *吉祥寺駅から徒歩5分 *不思議とやみつきになる昔ながらの中華麺 *食べログ3.60 *わんたん麺:1,250円 荻窪にある老舗の支店。 回転が早いので少し並んでもすぐ入れる。 店イチオシのわんたん麺を注文。 煮干しが香るスープはシンプルだが独特のコクがあり、 醤油と程よくマッチしている。正体は分からないが、 癖になるスープ。 麺は手揉みのような不規則な中太縮れ。 あっつい上澄みラードのスープが麺によく絡む。 もちもちで噛みごたえがまた良し。 それとは対照的にわんたんはとぅるんとぅるん。 めちゃくちゃ柔らかく麺との食感の違いも楽しめる。 昔ながらの中華そばを磨き上げて進化させた1杯だった。 1,250円は少し高いか。 ★★★★★★★☆☆☆ 2021年12杯目
未分類
◎春木屋(吉祥寺)◎ *吉祥寺駅から徒歩5分 *不思議とやみつきになる昔ながらの中華麺 *食べログ3.60 *わんたん麺:1,250円 荻窪にある老舗の支店。 回転が早いので少し並んでもすぐ入れる。 店イチオシのわんたん麺を注文。 煮干しが香るスープはシンプルだが独特のコクがあり、 醤油と程よくマッチしている。正体は分からないが、 癖になるスープ。 麺は手揉みのような不規則な中太縮れ。 あっつい上澄みラードのスープが麺によく絡む。 もちもちで噛みごたえがまた良し。 それとは対照的にわんたんはとぅるんとぅるん。 めちゃくちゃ柔らかく麺との食感の違いも楽しめる。 昔ながらの中華そばを磨き上げて進化させた1杯だった。 1,250円は少し高いか。 ★★★★★★★☆☆☆ 2021年12杯目
◎春木屋(吉祥寺)◎ *吉祥寺駅から徒歩5分 *不思議とやみつきになる昔ながらの中華麺 *食べログ3.60 *わんたん麺:1,250円 荻窪...