麦が原料のビールもグルテンフリーに! 2022年4月国内上陸のダックフット・ブリューイング !

グルテンフリーという言葉が市民権を得てからしばらくたちますが、なんと麦を原料にするビールにもその波が来ました!

グルテンフリービール

普通のNEIPAに見えるのですが、グルテンフリービール

公式ページで”珍しいモンスター”という表現をされているこのDackzillaというビール。

なんと小麦麦芽を使って醸造されています。

センテニアル、カスケード、シトラのトリプルホップの組み合わたダブルIPAで、アルコール度数は8.6%。

ここまで聞くといわゆる普通のNEIPAですね、と思うかもしれませんが、
なんとグルテンが完全に除去されているとのこと。

このビールを醸造しているDuck Foot Brewing (ダックフットブルーイング)のCEOがセリアック病(グルテンに異常反応を示す自己免疫疾患)を患ってしまったことからグルテンフリービールを開発したそうです。

日本にインポートされ次第飲んでレポートします!

なんとも行き来としたダックふっとブルーイングのみなさま

アメリカンクラフトビールの輸入卸を行う株式会社ナガノトレーディング(代表取締役 バルマス朱美)は、2022年4月よりアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴに拠点を置く Duck Foot Brewing (以下、ダックフット)が醸造するビールの輸入販売を開始します。

自社が運営するアメリカンクラフトビールのボトルショップ&テイスティングルーム「Antenna America (アンテナアメリカ)」をはじめ全国の酒販店・飲食店にてお買い求めいただけます。

ダックフットの歴史は、ニューヨークでファイナンシャルプランナーとして活躍していたマット・デルヴェッチオがセリアック病(グルテンに異常反応を示す自己免疫疾患)の診断を受けたところから始まります。ビールに素晴らしい風味を与えてくれる大麦や小麦、ライ麦などにグルテンが含まれているため、ビールを飲めなくなってしまったマット。普通なら途方に暮れてしまうところですが、彼はこれをバネにしてグルテンフリーのビール造りについて研究をはじめ、ついにはその醸造方法にまでたどり着きます。

その後、もともとホームブリュワー(自家醸造家)としていくつかのコンペティションで優勝するなど熟練した技術を持っていたブレット・ゴールドストックと出会い、意気投合。2015年にダックフットを立ち上げます。

ダックフットのビールはすべてグルテンフリーですが、グルテンを減らしてもビールの味にはまったく影響がなく、他の素晴らしいクラフトビールと同等の評価を得ています。実際に、地元サンディエゴの大会からアメリカ最大のビールの祭典"Great American Beer Festival"まで、これまでに数々の名誉ある賞を受賞しています。

ビールの名前や缶のデザインはユーモアたっぷりですが、ビール造りは真剣そのもの。様々な醸造ノウハウを駆使しながら素晴らしいビールをたくさん世に送り出しています。

※ダックフットのビールはすべてパッケージング前に独立した研究機関で検査され、含まれるグルテンはFDA(アメリカ食品医薬品局)の定めるグルテンフリー基準値(20ppm)を大きく下回っています。

「ダックフット」特集ページ
URL:https://www.antenna-america.com/blogs/features/brewery-duckfoot

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
◎春木屋(吉祥寺)◎ *吉祥寺駅から徒歩5分 *不思議とやみつきになる昔ながらの中華麺 *食べログ3.60 *わんたん麺:1,250円 荻窪にある老舗の支店。 回転が早いので少し並んでもすぐ入れる。 店イチオシのわんたん麺を注文。 煮干しが香るスープはシンプルだが独特のコクがあり、 醤油と程よくマッチしている。正体は分からないが、 癖になるスープ。 麺は手揉みのような不規則な中太縮れ。 あっつい上澄みラードのスープが麺によく絡む。 もちもちで噛みごたえがまた良し。 それとは対照的にわんたんはとぅるんとぅるん。 めちゃくちゃ柔らかく麺との食感の違いも楽しめる。 昔ながらの中華そばを磨き上げて進化させた1杯だった。 1,250円は少し高いか。 ★★★★★★★☆☆☆ 2021年12杯目
未分類
◎春木屋(吉祥寺)◎ *吉祥寺駅から徒歩5分 *不思議とやみつきになる昔ながらの中華麺 *食べログ3.60 *わんたん麺:1,250円 荻窪にある老舗の支店。 回転が早いので少し並んでもすぐ入れる。 店イチオシのわんたん麺を注文。 煮干しが香るスープはシンプルだが独特のコクがあり、 醤油と程よくマッチしている。正体は分からないが、 癖になるスープ。 麺は手揉みのような不規則な中太縮れ。 あっつい上澄みラードのスープが麺によく絡む。 もちもちで噛みごたえがまた良し。 それとは対照的にわんたんはとぅるんとぅるん。 めちゃくちゃ柔らかく麺との食感の違いも楽しめる。 昔ながらの中華そばを磨き上げて進化させた1杯だった。 1,250円は少し高いか。 ★★★★★★★☆☆☆ 2021年12杯目
◎春木屋(吉祥寺)◎ *吉祥寺駅から徒歩5分 *不思議とやみつきになる昔ながらの中華麺 *食べログ3.60 *わんたん麺:1,250円 荻窪...